あなたの将来の出来事と天体配置
プログレッション 希 望 と 可 能 性

ASTROLOGY

天体の運動法則と人間活動





太陽系各惑星は非常に正確に運動していますから、未来の天体の位置は計算で正確に算出されます。

計算から導かれた将来の天体配置を、未来の出来事の予想に利用します。

プログレッション(進行)に使用される天体の1日の平均運動

太陽:59分8秒、水星:1度23分、金星:1度12分、火星:33分28秒、月:13 度11分

これらの天体は、1日平均運動速度が速いので進行天体として、将来の出来事を予測する判断のポイントになります。

プログレッション(進行)した天体が入っているハウスが示唆する事柄に関連したことから、諸々の出来事が発生する可能性があります。

ハウスは人生で遭遇する諸問題や活動範囲等具体的な事を示しています。

誕生時の東の地平線は上昇点
(ASC)と呼ばれ、第1ハウスの始点になります。

1ハウスは、肉体的特徴・容貌・個性・初年期・物事の開始等を示します。

上昇点の正反対には下降点
(DES)があり、第7ハウスの始点になります。

7ハウスは、対人関係・配偶者・協力者・紛争・契約等を示します。

太陽が南中して一番高いところにある時は天頂
(MC)で、第10ハウスの始点になります。

10ハウスは、社会的地位・名誉・業績・評価・父親・権力者等を示します。

天頂の正反対は天底
(IC)で、第4ハウスの始点になります。

4ハウスは、家庭・家族・世襲財産・母親・保護者・晩年等を示します。

人生で遭遇する重要な出来事を知るためには、第1ハウスの始点(アセンダント)が決定されなければなりません。

このために正確な誕生時間が必要なのです。

上昇点
(ASC)、下降点(DES)、天頂(MC)、天底(IC)は、ハウスの起点でありどのような出来事が起こりうるかを判断する上で重要なポイントです。

この重要なポイントに進行した天体が来ますと、その天体の意味する事とハウスに意味する事柄が起こる可能性があるのです。



第1ハウス  (白羊宮の本来の位置)
Keywords: self-centered interests.
1st house focuses on oneself.

The First House is about identity.
It describes your personality - how you see yourself and how others see you.
It can also describe your physical appearance, the self, ego, anima,
projected image, expression of inner motivation,
physical appearance, soul purpose, initial approach to life.

肉体的特徴・容貌・個性・初年期・物事の開始
基本的運命・行動の特徴・人生に対する姿勢・個性の主張



第4ハウス (巨蟹宮の本来の位置)
Keywords: self, possessions, and intimate relatives as a basis for new growth.
4th house focuses on one
s home and family.

The Fourth House is about home and family.
It describes your roots, your heritage and your private life, home life, roots,
family and relations, psychological foundations, biological inheritance, place of abode.

家庭・家族・世襲財産・母親・保護・防衛・晩年
家庭環境・家族的伝統・先祖・家意識・住宅・土地・晩年の生活環境と状態



第7ハウス (天秤宮の本来の位置)
Keywords: identification and unity of self with others at personal level.
7th house focuses interest on other people.

The Seventh House is about partnerships.
This can be partnerships in business, marriage or a committed relationship,
business partnerships, marriage, long-term associations, open enemies,
the animus, the relationship between soul and personality.

他人から受ける善意や悪意
対人関係・配偶者・協力者・紛争・契約



第10ハウス (磨褐宮の本来の位置)
Keywords: social status, in terms of material responsibilities and necessity.
10th house focuses one
s expression and interests outside the home.

The Tenth House is about your public life.
It shows your standing in the community, career, social status and can reflect your attitude
to parenting, Honor, authority, career and profession, life direction, achievement, Masters and Hierarchy.

社会的地位・名誉・業績・評価・権威者・職場・社会活動
自己実現・社会的な活動の場における地位身分階級・父親の職業・世間の注目




「1日1年未来予知法 (One Day One Year)」・プログレッジョン

未来予測の方法の一つであるプログレッションは、地球の自転軸における1日の回転(自転・1昼夜)が、公転軸(太陽系の中心)における1年の回転(公転・四季)に対応しているという考えが基本になっています。

誕生後の1日間は人生の1年間に対応すると考えるものです。

誕生時の天体配置に対して、20日後の天体配置がどのように作用しているかのアスペクトを見ることで、20才の時の出来事を判断することになります。

プログレッションは実在の天体を基準にして導き出され、1日を1年とした仮定的な方法です。

この方法は古くから使用され、有効であることが経験的に明らかになっています。

太陽系各惑星は非常に正確に運動していますから、未来の天体の位置は計算で正確に算出されます。

計算から導かれた将来の天体配置を、未来予知に利用します。

プログレッションに使用される天体の1日の平均運動

太陽:59分8秒、水星:1度23分、金星:1度12分、火星:33分28秒、月:13 度11分

これらの天体は、1日平均運動の速度が速いので未来予知をするときの判断のポイントになります。

プログレッション(進行)した天体が入っているサインとハウスが示唆する事柄に関連したことから事件が発生する可能性があります。

そして、進行した天体と誕生時の天体の作るアスペクトが出来事の程度を示唆することになります。

太陽は1日約1度移動しますから、1つのサイン内に約30日間留まることになります。 

1日1年法(プログレッション)において、1つのサインの影響が人生の約30年間もの長期にわたって続くことを意味しています。

ハウスも同様に太陽の留まる期間その影響が続きます。

誕生時の太陽の位置するサインとハウス、そして、それに続くサインとハウスは、その人の人生の活動分野に対して重要な影響を与えているのです。 

太陽は地球上の全生物のエネルギー源であり、生命と活力の源泉として最も重要な天体です。

占星学において太陽は人間の本質的な精神のありかたから基本的な性格を決定し、人生の諸活動に強い影響を与えます。

人生の活動分野は太陽の位置によって影響されると考えられています。

太陽の位置が人生の主要な活動分野を示しているのに対して、月はその分野の中で起きる出来事を示す補助的な役割をしています。

月の1日の平均運動速度は13度10分ですが、15度10分程度動くこともあり安定しているとは言えません。

プログレッションでは、これを1年間の平均速度として12分割して
毎月の運勢を見ます。 

月のキーワードの1つは変化です。

プログレッションにおいて月は変化の時を示唆し感受・反応性を強調します。

月は出来事が発生する時期を暗示するタイマーになります。

地球の衛星である月の周期は27.3日ですから、およそ 27〜28 年で出生図の全てのサインとハウスを通過します。

したがって、1つのサインを通過するのに約2年3ケ月間 を必要とします。

月の動きが速いことから、その影響は短期のものでありり永続性は期待できません。 

月が太陽と同じ位置にある時は、新しい計画を開始したり新しい関係やチャンス・物事が新しく始まるなどの「新月」の効果があります。

一方で「満月」の効果は行動や出来事が終了したり、結論を出す好機になります






THEORY OF ASTROLOGICAL PREDICTION

If it be admitted that the heavenly bodies by their position and condition at the time of a person's birth influence or affect his body, vitally, mind and fortune, then it is to be supposed that the subsequent motions of the heavenly bodies would continue to influence and modify those personal powers and characteristics throughout the remainder of the life.

The general theory of astrological prediction is that the natal horoscope contains within itself, like the seeds of a vegetable or the egg of an animal, all the potencies for form, life and intelligence and all the possibilities of fate and fortune that can come to the person in his lifetime.

The particular time when these potencies and possibilities of the natal horoscope may take effect in the life is to be discovered by examining the motions of the heavenly bodies subsequent to birth.

The most obvious system of motion of the heavenly bodies which may be used for prognostication relative to the natal horoscope is that of the transits, as they are called, of the planets that are constantly occurring throughout the life.

At the same time,
transits are the most remote from the time of birth and hence are the weakest indications that may be used for prediction.

All other systems of prediction except transits are symbolical in nature and depend upon the principle of correspondences to account for the results.

The system of prediction most commonly used after transits is that of the
progressed horoscope, as it is called.

The theory of this system is that of the correspondences between
the cycle of the day and the cycle of the year.

The first day after birth the heavenly bodies describe the nature of the heavenly influences throughout the first year of life.

The second day after birth likewise discovers the nature of the second year of life, and so for each year of life there is a corresponding day after birth that may be used as an index to unravel the cause of the changes and events of life.

This system of the progressed horoscope has the advantage over the system of transits that the motions are much nearer in time to the birth, and hence may be considered as more deep-seated in effect.

Nevertheless,
these two systems, namely, transits and progressed horoscope, are not to be considered opposed or antagonistic, but rather that they are mutually cooperative toward the one result of a more perfect understanding of the nature, opportunities and manifestation of the individual life and fortune.

The next system after the progressed horoscope is that of
equatorial arcs, sometimes called primary arcs, or Placidian arcs.

They are called primary arcs because they measure by arc the first aspects formed by the heavenly bodies with the positions of the significant places of the natal chart.

This system is based on the diurnal motion of the heavens and the approximate time taken for a degree of the celestial equator to pass the meridian is taken to represent a year of life.

The number of degrees required bringing a heavenly point or body into some exact astrological aspect with some other heavenly point or body will indicate a similar number of years after birth as the time when the aspect will become most powerful in the individual's life.

The equatorial arcs that are effective in a life-time are all completed within a few hours after birth.

Hence the system of primary arcs is closer in time to the birth than any other system and can be considered as next in power to the natal horoscope.

Natal astrology has come to modern times from antiquity chiefly through the writings of Claudius Ptolemy, a Greek astronomer and astrologer who lived in the second 'century AD.

In his writings on astrology he devotes a chapter to the explanation and calculation of equatorial arcs, which he calls "modes of prorogation," that is to say in simple language, methods of prediction.

Ptolemy's rather meager outline of modes of prorogation was expanded and fully explained by Placidus di Titus, an Italian monk of the 17th century, who called these modes of prorogation "arcs of direction" which remains the modern designation.

Placidus applied the modern methods of
spherical trigonometry to the calculation of the arcs of direction and published his method in a book entitled "Primum Mobile."

In the last decade of the 19th century there was a growing interest in Astrology and the method of the progressed horoscope was largely brought into popular 'use because it was easy of application, requiring only the simplest mathematical calculations and furthermore could be used independently of a knowledge of the exact birth time.

The method of equatorial arcs requires that the birth time should be known to the very minute.

While in the method of the progressed horoscope if a birth time is known to within ten minutes the results are usually satisfactory.


Progression and Direction:

Two closely related systems for timing events or predicting future conditions for a given individual based on the motions of the Earth and other planets in the days following (and sometimes preceding) birth.

In both systems the positions of the planets, Ascendant, and Mid-heaven in the natal chart are moved forward (or backward) in time according to a given formula.

For example, in secondary progressions (sometimes called secondary directions), the system most widely used by modern astrologers, the formula is "a day for a year."

This means that each day following birth is regarded as equivalent to a year in the life of the native, and the positions of the planets on the thirtieth day after birth, for example, as well as the aspects they form with natal planets, are regarded as symbolic of conditions during the thirtieth year.

In primary directions, on the other hand, the formula is "a degree for a year"; that is, a degree of
Right Ascension is regarded as equivalent to a year in the life of the native.

According to this system, the number of degrees a planet or point must travel in order to form an exact aspect with a natal planet is translated into years of age in the life of the native.

Progression is based on the actual orbital motions of the planets along the
Ecliptic, whereas direction is based on the apparent motions of the planets as a result of the Earth's rotation on its axis.

Thus in progressions, the bodies move at different rates of speed and sometimes in different directions (that is, they can be retrograde), whereas in directions, the bodies move at the same rate of speed and in the same direction.

There are
three main types of progressions: secondary, or major, progressions; tertiary progressions; and minor progressions.

These three types represent ratios between
the three basic motions of the Earth: its daily rotation on its axis; its annual revolution around the Sun; and its monthly revolution, with the Moon, around their common center of mass, which is about 3,000 miles from the Earth's center-a period of 27.32 days.

In secondary progressions, a day in the ephemeris is considered equivalent to a year of life, a ratio of 1 to about 365. (The exact ratio used by most modern astrologers is 1 to 365.25, based on the solar day.

However, two outstanding technical astrologers of modem times, Cyril Fagan and L. E. Johndro, used the sidereal day, giving a ratio of 1 to 366.25.)

In tertiary progressions, a day in the ephemeris is considered equivalent to a lunar period, a ratio of 1 to 27.32.

In minor progressions, a lunar period is considered equivalent to a year of life, a ratio of 27.32 to 365, or 1 to 13.368.

It will be seen that planets progressed by the secondary method move relatively slowly, yielding fewer aspects than those formed by the faster moving tertiary and minor progressions.

However, those aspects that are formed are generally considered to be more significant, just as transits of the slower moving outer planets are considered more significant than those of the faster moving inner planets.

The method of tertiary progressions was developed in the twentieth century by the German astrologer Edward Troinski. Finally, bodies may be "regressed" as well as progressed.

(Source: Complete Method of Prediction from Genethliac Astrology According to The Western Systems by Robert DeLuce)


Complete Method of Prediction





歳差運動と春分点

歳差とは地球の自転軸の歳差運動(首振り運動)により、春分(秋分)点が黄道上を西向きに1年当たり角度にして約50秒移動する現象です。


地球の自転軸は、約25800年の周期で地球の公転面に垂直な軸のまわりに歳差運動をしています。

これは地球の自転軸が、黄道極軸(地球の公転面に垂直な軸)や白道極軸(月の公転面に垂直な軸)に対して傾いていることと、地球の形が完全な球形ではなくて、赤道部分が膨らんだ(力学的扁平)形をしているために、月及び太陽の引力が地球の自転軸を公転面に垂直な方向に向けようとするトルクを生じる事によるものです。

そのことによって様々な周期の回転運動が起こります。

リング・サンやリング・ムーンによる平均化された回転運動(ふつう歳差と言えばこの自転軸の極が天球上を1年に約20”移動する運動です)、

白道面の歳差に伴うふらつき(ふつう章動といわれる自転軸極の天球上での長軸9.21”×短軸6.96”18.6年周期の楕円運動)、

太陽の周回に伴う半年周期章動(約0.5”の回転運動)、月の周回に伴う半月周期章動(約0.1”)等々。

これらを
日月歳差と言います。

上記以外に次のメカニズムの歳差もあります。

地球の公転面(黄道面)は、太陽系の様々な惑星の公転面を平均化した平均公転面に対して傾いています。

そのため太陽系の他の惑星から黄道面の中心軸を平均公転面に垂直にしようとするトルクを受けて黄道面も歳差運動(惑星歳差)をしています。

これに伴う春分点の移動が年に約0.1”程度生じます。



出所:FNの高校物理、地学、「歳差による星の位置変化」






プログレッションとトランジット

トランジット天体(太陽、月、水星、金星、火星)の実際の動きは速いので、特別の場合以外は現実の出来事とはほとんど強い関連性が見られません。

木星、土星、天王星、海王星、冥王星の動きはゆっくりしているためネイタルの各天体と正確なアスペクトを形成する時は、現実の出来事との関連性が強く表れることがありますから良く研究することが大切です。

トランジットにおける各天体のアスペクトと現実の出来事が、どの程度の強い関連性を持つかについては実際に検証することが必要です。

トランジットの正確なアスペクトを形成する
1度前から1度後まで計2度の間で起こる刺激が、ネイタルチャートの本来持っているアスペクトを刺激します。

例えばトランジット木星がネイタル太陽と良好なアスペクトを形成しても、ネイタルチャートで太陽が木星と良好なアスペクトを形成していない場合は、トランジットだけの良好な作用はないということです。

全てのトランジットが、ストレートに表れることにはなりません。

プログレッションやトランジットは、
ネイタルチャートの基本パターンの範囲を超えることにはなりませんから良く研究する必要があります。

プログレッションも同様に、正確なアスペクトを形成する1度前から1度後まで計2度の間で起こる刺激が、ネイタルチャートの本来持っているアスペクトを刺激します。

プログレッションにおいては、木星、土星、天王星、海王星、冥王星のアスペクトは数十年の長期になりますから、当面の問題とはなりません。

トランジットが引き金となり、プログレッションやネイタルチャートに示されることが現実の事となります。

日々の出来事とアスペクトの関連性は手帳などに記録して検証することが大切です。



プログレッションの天体は、トランジットの天体とは違います。

太陽、月、水星、火星、金星がネイタルの天体と正確に2度以内のアスペクトを形成する時に注意が必要です。

プログレッションでは太陽や月という人生の基本となる天体の動きが関係してきます。

プログレッションは、トランジットよりも大きな影響があります。

この場合もネイタルの基本パターンが重要なポイントです。




太陽   Sun Principle of self-integration, the range of activities of life, 365days

統合性   支配力・権威・尊厳・名誉・自己表現力            

権威者・高位者・父親・主人生命と活力の源泉・人生の活動分野・発展の度合・人間精神の本質



   Moon Principle of rhythms through instinctive response, assimilation, reflection, 27days

周期性  同化・吸収・順応・変化・人気                     

母親・妻・大衆・女性反応と反射機能・感情と気質・想像力・個人生活の方針



水星     Communicative principle through mental and nervous co-ordination, transmission, 88days

伝達性   通信・言語・神経・感覚・工夫                  

知識人・若年者・兄弟姉妹・隣人精神的活動力・知的研究心の方向・知的活動の分野・分析処理・取得応用



金星  Venus Uniting principle through sympathy, evaluation, feeling, joyful, 225days

結合性   同情・愛他・所有・平和・和合・愛情              

若い女性・友好者・恋人美的感受性・芸術的才能・喜悦と愛と快楽の源泉・異性の愛顧



火星   Mars Principle of activity through enterprise, self-assertion, energetic expression, 687days

行動性    事業・自己主張・情熱・勇気                 

血気盛んな男性・競争相手・情人活動と熱意を注ぐ方向・性衝動・対抗意識・肉体的活力




誕生時の固定的な天体配置の基本パターンに対して、進行した天体が及ぼす影響があなたの現在の置かれている状況を示しています(プログレッションとトランジット)。

サイン(宮)は性格・精神性に関係していますが、ハウス(室)は人生で出会う出来事に関係しています。

太陽が位置するサインは本質的な性格を表わします。

月が位置するサインは日常の生活習慣・行動パターンを表わします。

アセンダント(生まれた時の東の地平線)サインは遺伝的体質・性質を表しています。

この三つのサインが複雑に組み合わさって、あなたの性格的特徴として示されます。

これに加えて、アセンダントの5度以内にいる天体と天体が集中しているサイン・ハウスはその特徴が顕著に表われます。

太陽サイン30%、月サイン30%、上昇サイン40%の割合で個性の形成に関係しているようです。 

特に
アセンダントのサインとその近くの天体は、個性に重要な関係があります。

太陽のサインが示す、あなたの基本的パターン太陽は地球上の全生物のエネルギー源であり、生命と活力の源泉として最も重要な天体です。

占星学において太陽は人間の本質的な精神のありかたから基本的な性格を決定し、人生の諸活動に強い影響を与えます。

人生の活動分野は太陽の位置によって決まると考えられています

アセンダントサインが、あなたの遺伝的体質・個性の主張、肉体的特長を示します。 

若年期にこのサインの特徴が顕著に見られます。

アセンダントの5度以内にいる天体(上昇星・ライジングプラネット)は非常に重要です。

この天体の特徴はあなたの一生を通して密接な関係が有ります。

プログレッション(1日1年法)による長期間におよぶ影響と予測そして誕生時の天体配置は、個人の持っている特質の基本パターンを示すものです。 

そして、あなたの現在の状態は、進行した天体配置と誕生時の天体配置との関係で示されています。

ホロスコープの分析は誕生時における個人差を明らかにするために大切ですが、誕生日という過去のことですからそれだけでは十分とは言えません。

人間は誕生日時の天体パターンだけで示される固定した存在ではありません。
 
進行した天体がどのように作用するかを調べることで現在の状態を明らかにすることができるのです。

進行した天体が第1、4、7、10ハウスに入るとその天体とハウスの意味が強調されます。

あなた自身の運気が強くなり活動的になり、注目されるようになります。



プログレッションは、地球の自転軸における1日の回転(自転・1昼夜)が、公転軸(太陽系の中心)における1年の回転(公転・四季)に対応しているという考えが基本になっています。

誕生後の1日間は人生の1年間に対応すると考えるのです。

つまり、誕生時の天体配置に対して、20日後の天体配置がどのように作用しているかを見ることで、20才におけるあなたの状態を判断することになります。

太陽が示す、あなたの活動分野太陽の位置があなたのエネルギーの強弱を示します。

夜明けから昼頃までは1日の中で、太陽エネルギーがだんだんと強くなります。

太陽エネルギーの強い昼間に生まれた人は、社会的な場における活動に意欲を示し、外交的で若い時から社会に出て活動するようになります。

夜間に生まれた人は、内面や家庭の場を強調しますから補佐役に適し女性は専業主婦を希望する人が多くなる傾向があります。

他の諸天体も位置する場所によりエネルギーの強さが違います。地球が24時間で360度回転しています。

アセンダントの位置は4分で1度変化します。誕生時間は大変重要なのです。

太陽は1日約1度移動しますから、 1つのサイン内に約30日間留まることになります。 

1つのサインの影響が人生の約30年間もの長期にわたって続くことを意味しています。

ハウスも同様に太陽の留まる期間その影響が続きます。

誕生時の太陽の位置するサインとハウス、そして、それに続くサインとハウスは、人生の活動分野に対して重要な関係があります。

太陽のキーワードは「統合性」です。

生命と活力の源泉・人生の活動分野・発展の度合・人間精神の本質そして支配力・権威・尊厳・名誉・自己表現力に関係します。

太陽はエネルギーを放射する生命体の根源であり、全ての惑星を統御する中心となる最も重要な天体です。

誕生日時における太陽の状態があなたの人生に大きな影響があります。

太陽の良い影響があるときは、健康で力強く勇敢・積極的で自信がありリーダー的な役割を果たします。

太陽の悪い影響があるときは、幼児性が強く出る場合がありますが、一般的には健康状態が悪く自分の人生を積極的に切り開くことが難しくなります。

食生活に注意して適度の運動で健康に注意しなければいけません。

障害を克服し性格を改善しようとする決意をすることで、精力的な行動そしてより強い人格の形成ができるのです。

太陽の状態を良く見ると、学ぶべきことや解決すべき問題が示唆さえているのです。

月が示す、あなたの短期的傾向月は、太陽が示す活動分野の中で起きる出来事に対して補助的な役割をしています。

月のキーワードは「周期性」「変化」です。 

反応と反射機能・感情と気質・想像力・個人生活の方針・同化・吸収・順応・変化・人気 に関係しています。

プログレッションにおいて月は変化の時を示唆し感受・反応性を強調します。

月は出来事が発生する時期を暗示するタイマーになります。

月の動きが速いことから、その影響は短期のものであり永続性は期待できません。 

プログレッションの月は全部のサインを通過するのに27〜28年かかります。

従って、1つのサインを通過するのに約2年3ケ月間を必要とします。

太陽が特定の1つのサインを通過する間に、月は12全部のサインを通過することになります。

月は「女性一般」を示しますから、男性にとっては生涯を通じて女性がどのように関わるかに関係しています。

幼年期の母親との関係そして成長してからの異性との関係を示します。

女性にとっては同性との関係とその影響を示しています。








正確な誕生時間
アセンダント(上 昇 点)の決定


占星術は誕生時間を基準にして構成されていますから、正確な誕生年月日時間・誕生場所が必要です。

誕生時間が
4分違えば、アセンダント(ASC)・IC・DES・MCなど判断における重要なポイントの位置が約1度の違いとなり、プログレッションによる未来予測では1年の誤差になります。

日本の標準時は東経135度の兵庫県明石市です。
出生場所の経度1度が、誕生時間で4分の相違となります。
日本における夏時間(Summer Time)使用期間(4年間)

1948年(昭和23年)
5月1日12:00pm → 5月2日 1:00am
9月11日12:00pm → 9月11日11:00pm



1949年(昭和24年)
4月 2日12:00pm → 4月3日1:00am
9月11日12:00pm → 9月11日11:00pm



1950年(昭和25年)
5月6日12:00pm → 5月7日1:00am
9月9日12:00pm → 9月9日11:00pm



1951年(昭和26年)
5月 5日12:00pm → 5月6日1:00am
9月8日12:00pm → 9月8日11:00pm



天体の位置やアスペクトは、月を除いて1日ではほとんど変化がありません。

地球は1日1回転します。

個人の特徴を示す最重要ポイントのアセンダント(上昇点)は1日で360度移動します。

つまり、
4分で1度動くことになります。

人生で遭遇する重要な出来事を知るためには、第1ハウスの始点(アセンダント)が決定されなければなりません。

このために正確な誕生時間が必要なのです。

特に
アセンダントと5度以内に上昇している天体(上昇星・ライジングプラネット)は、個性の形成と人生のできごとに大きな関係があります。



アセンダントは個性の完全な姿を示すものではありませんが非常に重要なポイントです。

誕生地の地平線と地球の回転によりアセンダントが決定されます。

誕生時間に東の地平線を上昇しているサインの度数で示されます。

東の地平線は夜明けを代表し、朝日が昇り新しい一日が始まる起点です。

個人に当てはめると
誕生から人生の初期を代表します。

そして
個人を識別する特徴を示しています。

「自己認識の自覚」と関係があるところです。

自分自身が外の世界つまり対人関係(第7ハウス)を通し,その反映として認識できます。

アセンダントは、誕生地の地平線と地球の回転により決定されます。

東の地平線は夜明けを代表し、朝日が昇り新しい一日が始まる起点です。

また、アセンダントは新しい出発点でもありますから、ここに進行する天体がきますと、その天体に関する事柄を開始するのに良い時期といえます。



誕生日は同じでも、誕生時間により天体の配置は次のように大きな違いとなります。

誕生時間が不明の人は、ハウスの位置が決定できないので、将来の出来事が起こる時期が決定できないのです。




午前0時誕生



正午誕生



午後6時誕生



午前6時誕生






人生における活動範囲

太陽が位置するサインが人間の才能・性格・容貌等の精神的な面を示しています。

ハウスは人生で遭遇する諸問題や活動範囲等具体的な事を示しています。

誕生時の東の地平線は上昇点
(ASC)と呼ばれ、第1ハウスの始点になります。

上昇点の正反対には下降点
(DES)があり、第7ハウスの始点になります。

太陽が南中して一番高いところにある時は天頂
(MC)で、第10ハウスの始点になります。

天頂の正反対は天底
(IC)で、第4ハウスの始点になります。

人生で遭遇する重要な出来事を知るためには、第1ハウスの始点(アセンダント)が決定されなければなりません。

このために誕生時間が必要なのです。

ハウスの分割法は様々であり一定していません。

中緯度地方では大多数の人が
プラシダス式を使用しているようです。

イギリスなどの高緯度地方ではサインの分割と同様に各ハウスを30度ずつに均等に分割する
イコールハウス式と呼ばれる方法が使用されています。

この方法では第10ハウスの始点と天頂(MC)が一致しません。

各ハウス分割法にはそれぞれ特徴がありますから、どの方法が一番良いとはいえません。

誕生場所の緯度の関係で分割法を選定することが大切です。レジオモンタナス式やコッホ式を愛用している人もいます。

正確なハウスの起点を知るためには、正確な誕生時間と正確な誕生場所が必要です。




各種ハウスシステム


プラシダス・ハウスシステム


キャンパナス・ハウスシステム

コッホ・ハウスシステム

メリディアン・ハウスシステム


レジオモンタナス・ハウスシステム


モリナス・ハウスシステム

  (図は Larousse encyclopedia of astrology から; Copyright 1977 by Librairie Larousse



ハウス(室)の象意

第1〜第7ハウスは個人的な分野
第8〜第12ハウスは社会的な活動の分野

正反対にあるハウスはお互いに補足する意味があります。



第1ハウス  (白羊宮の本来の位置)
Keywords: self-centered interests.
1st house focuses on oneself.

The First House is about identity.
It describes your personality - how you see yourself and how others see you.
It can also describe your physical appearance, the self, ego, anima,
projected image, expression of inner motivation,
physical appearance, soul purpose, initial approach to life.

肉体的特徴・容貌・個性・初年期・物事の開始
基本的運命・行動の特徴・人生に対する姿勢・個性の主張



第2ハウス (金牛宮の本来の位置)
Keywords: possessions and personal security
2nd house focuses on one
s own possessions and resources.

The Second House is about your own resources.
It describes what you value ranging from physical possessions and money,
to personal self esteem and talents, resources,
both personal and financial, values and attitudes, self-esteem, acquisitions.

所有物・信用・保証・収入源・金銭
仕事や交際から得られる利益・愛着物・財政状態



第3ハウス (双児宮の本来の位置)
Keywords: relationship of self to environment.
3rd house focuses on ones
'immediate environment and close communication.

The Third House is about communication.
It also refers to early learning, siblings, immediate environment and short journeys,
mental processes and communication, active search for knowledge,
early learning, siblings, short journeys, telepathy and mental energy.

隣人・兄弟姉妹・知識・初等教育・近距離旅行・通信
知的興味・研究対象・伝達願望・知的交流・文筆力・商業・実践的具象的知性



第4ハウス (巨蟹宮の本来の位置)
Keywords: self, possessions, and intimate relatives as a basis for new growth.
4th house focuses on one
s home and family.

The Fourth House is about home and family.
It describes your roots, your heritage and your private life, home life, roots,
family and relations, psychological foundations, biological inheritance, place of abode.

家庭・家族・世襲財産・母親・保護・防衛・晩年
家庭環境・家族的伝統・先祖・家意識・住宅・土地・晩年の生活環境と状態



第5ハウス (獅子宮の本来の位置)
Keywords: re-creation and exposition of self.
5th house focuses on personal creative interests.

The Fifth House is about creativity.
This can include artistic pursuits, hobbies, recreation, children and lovers,
Creative self-expression, love affairs, procreation and children,
leisure, hobbies, games and sports, self-fulfillment, joy and bliss.

自己表現・演劇・娯楽・恋愛・子供
芸術的創作・人生の快楽と幸福・創業・事業・創作活動



第6ハウス (処女宮の本来の位置)
Keywords: conformity and service to the community.
6th house gives important indications of possible sickness.

The Sixth House is about day-to-day life.
It is about work, health, the service you give and your habits.
It also relates to small animals, health, daily routine,
working environment, skills, pets and animals, service

服従・勤務・公務・実務・健康・衛生・手工芸
生活の手段としての職業・組織に関係した職業・愛玩動物・病気治療法



第7ハウス (天秤宮の本来の位置)
Keywords: identification and unity of self with others at personal level.
7th house focuses interest on other people.

The Seventh House is about partnerships.
This can be partnerships in business, marriage or a committed relationship,
business partnerships, marriage, long-term associations, open enemies,
the animus, the relationship between soul and personality.

他人から受ける善意や悪意
対人関係・配偶者・協力者・紛争・契約



第8ハウス (天蠍宮の本来の位置)
Keywords: shared resources with others
8th house focuses the need to share possessions and resources with others.

The Eighth House is about the support you receive from other people.
It is the house of regeneration, and covers death, sex, legal matters, and metaphysics,
Transformation and regeneration, resources of others,
sexuality, death, transmutation, battles, the Path of discipleship.

資産配分・遺言・性・死・再生・強大な権力・財力・融資
他人の資産から生ずる利得・業績後継・束縛・結束力・儀式・強い絆・死後の世界



第9ハウス (人馬宮の本来の位置)
Keywords: projection of self to new horizons.
9th house focuses interest on distant horizons, longer communications.

The Ninth House is about higher learning.
It covers academic subjects, law, religion, publishing, foreign culture,
sport, overseas travel and philosophy, religion, higher education, distant travel,
cultural learning, publishing, the journey along the Path, the Ageless Wisdom.

研究・学問・企画・人生観(哲学・宗教哲学・思想)・外国・遠距離旅行
高度で深遠な学問・道徳的素質・予知予言力・抽象的知性・海外における活動



第10ハウス (磨褐宮の本来の位置)
Keywords: social status, in terms of material responsibilities and necessity.
10th house focuses one
s expression and interests outside the home.

The Tenth House is about your public life.
It shows your standing in the community, career, social status and can reflect your attitude
to parenting, Honor, authority, career and profession, life direction, achievement, Masters and Hierarchy.

社会的地位・名誉・業績・評価・権威者・職場・社会活動
自己実現・社会的な活動の場における地位身分階級・父親の職業・世間の注目



第11ハウス (宝瓶宮の本来の位置)
Keywords: identification of self with group-objectives
11th house
? focuses on communal creative interests

The Eleventh House is about your friendships and relationship with groups of people.
It is also about your hopes and dreams, Friends and social acquaintances,
groups and organizations and their activities, the New Group of World Servers.

団体活動・同志・交友関係・支持者・個人の理想願望
共通の目的により結ばれた人・支持者後援者からの物質的支援



第12ハウス (双魚宮の本来の位置)
Keywords: self-abnegation in service, escapism, confinement.
12th house focuses on chronic ill-health, profound service for humanbeings

The Twelfth House is about endings.
It is about your hidden strengths and weaknesses.
It is also about institutions such as hospitals, jails, libraries and the armed services,
Institutions, fears, hidden enemies, the collective unconscious,
spirituality, unredeemed karma, selfless service to humanity.

慈善・介護・奉仕・宗教的信仰・神秘・不明確・拘束・監禁
隠れた敵・潜在意識・隠遁・現実からの逃避・秘密の行為




SYNCHRONATURE