仮想通貨CRYPTO CURRENCY
ビットコイン


ビットコインの仕組み


採掘(マイニング)と言うのは、完全なる比喩で、実際は、膨大なコンピューターパワーをつかって取引の承認作業をしています。

ビットコインの取引、たとえば、AさんからBさんに1コイン支払ったというようなものは、取引として記録されます。

これはリアルタイムで、次のようなサイトで見ることができます。
https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions。

ビットコインを介した取引は丸裸なのです。

すべての取引がこうしてネット上でリアルタイムで参照できます。


このリンクに表示される取引
は、「未承認の取引」なのです。

ビットコインの取引は、承認されてはじめて大丈夫だと確認されるのです。

それまでは、二重支払があったり、もしくはニセや改ざんした取引だったりするかもしれません。

この承認作業というのを、いろんな人が競争してやっています。

これが「採掘(マイニング)」と呼ばれるものです。

この作業にかかるコンピューターパワーの見返りとして、承認作業をしたひとに対して、一定のビットコインが与えられる(新規に生成され、承認作業をしたひとのものになる)というわけです。


出所:ビットコイン研究所 大石哲之 


【PIAGET】エリート マイニングツール 1600W ビットコインマイニング 6 GPU マイナー90 +ゴールド用 仮想通貨 bitcoin miner mining


イーサリアムZcash Monero GPU Miningリグ150 MH / s ? Zcash 1950 sol- 6 GB Gigabyte 1060カードCrypto Miner


 

 
 


Bitmain、AI
でビットコインをマイニング 

中国の大手マイニングファームBitmainAI分野の研究に参入し、さらなるマイニングの効率化を目指していることがわかった。

AIを活用することにより、マイニング専用コンピュータ・チップ(マイニングASIC)及び、冷却システム、電力供給システムを最適化することによりパフォーマンスを上げたい考えだ。

Bitmainはマシンラーニングのいち分野であるディープラーニングを採用し、膨大なデータの解析を進める。

ディープラーニングは多くのIT企業で研究されており、グーグルやフェイスブックなども注力している。

たとえば、先日話題になったグーグル謹製AIであるAlphaGoが世界戦優勝経験者、中国の柯潔(か けつ)棋士に3番勝負で3戦全勝した。

フェイスブックは、ユーザーのアップロードした画像解析にディープラーニングを利用し、画像の認識精度向上を目指している。

Bitmainは、AntPoolBTC.comのマイニングプールを運営し、ビットコインのネットワーク全体の20%以上のハッシュレートを占有している。

ビットコインは最近、約4000ドル付近で推移していることから、マイニングの成功報酬(12.5BTC)は時価総額で50,000ドルが約10分ごとにマイナーに支払われていることになる。

一日で約7,200,000ドル(約7.8億円)相当のビットコインが発掘され、価格上昇がマイニングビジネスの巨大化に繋がっていることは明白だ。

ビットコインは最近、ビットコインとビットコインキャッシュとで2つのブロックチェーンに分岐し、どちらも同一のASICでマイニング可能なため、マイナーはマイニング収益比率を計算し、採掘するコインを選択することができる。

ビットコインキャッシュのボラティリティは高く、マイニング難易度も総ハッシュレートに合わせて約2週間毎に変更されるため、高度な分析力が今後のマイナーの収益率を占うだろう。

Bitmainによると、マイニングに必要な電気料金は一日約39,000ドル(約426万円)に対し、約250,000ドル(約2730万円)のビットコインが発掘されている。

Bitmainのジハン・ウーCEOは、将来的なIPOも計画しており、マイニングビジネスをさらに加速させていく構えだ。

マイナーはビットコインネットワークのセキュリティ上欠かせない存在である。

しかしマイナーの中央集権化が進むと、ネットワークに悪影響を及ぼす可能性がある(51%アタックなど)。

先日テスラ・モーターズのCEOであるイーロン・マスク氏も、AIに対しては行き過ぎた技術が人間社会を滅ぼしかねないと警鐘をならしており、AIによるマイニング作業効率化も注意が必要か?

出所:https://btcnews.jp/ 2017.08.22 Written by 真田雅幸



GMOインターネットグループは、2018年上半期までにマイニング事業に参入することを発表。

GMOはマイニング事業を通じて、ビットコイン・ネットワークに参加する。

マイニング事業者にとってマイニング機器(ASIC)の性能と消費電力コストの安さが収益を左右する。

そのためGMOASICの研究開発を行うとともに、将来的な販売も目指すと述べた。

現段階のGMOが構想するASICの性能は、ハッシュレートが10TH/sで消費電力が500W以下となっている。

消費電力効率に換算すると0.05W/Gh(1ギガハッシュあたり0.05ワット)だ。

中国の大手マイニングファームBitmainが提供するAntminer S9はハッシュレートが14TH/sで消費電力が1375W以下だ。

消費電力効率は0.098W/Ghとなっており、GMOが構想するASICが完成すれば、Antminer S9の2倍近い効率を出すことができる。

GMOはまた、再生可能エネルギー電気供給が盛んな北欧でマイニングセンターを設立する計画も発表した。

たとえばノルウェーはヨーロッパでアイスランドに次いで電気料金が安価な国で、98%の電力が再生可能エネルギーを使った発電方法を採用している。

ビットコインで採用されているマイニング・アルゴリズムであるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)は世界中で電気を大量に消費するため、たびたび批判の的になっていた。

イーサリアム(ETH)は消費電力のムダを省くため、将来的にPoWからPoS(プルーフ・オブ・ステーク)に変更する計画を進めている。

出所:https://btcnews.jp/ 2017-09-08 Written by 真田雅幸




北朝鮮、国連制裁を受けビットコインで金策か

国連安保理による一連の経済制裁が始まった今年4月以降、資金源を断たれつつある北朝鮮が、新たな活路としてビットコインに傾倒しているらしい。それを裏付ける証拠が、次々と上がっている。

まずは、韓国の仮想通貨取引所へのハッキングだ。

サイバー・セキュリティ会社FireEyeが11日に公表した報告書によると、今年5月以降、韓国の取引所3ヶ所へのスピアフィッシング攻撃が少なくとも3回、北朝鮮によって実行された。

取引所社員などへ送付したメールに、PEACHPITと呼ばれるマルウェアを忍ばせた文書を添付していたとみられる。

攻撃は5月上旬、5月下旬、7月上旬に実施され、そのうち5月下旬の攻撃は成功したとされている。

なお、韓国の最大手取引所Bithumbへのハッキングが6月に明るみになったが、この件の北朝鮮の関与については明らかにされていない。

また、同報告書は、5−6月のWannaCryランサムウェア攻撃や、英語のビットコインのニュースサイトへのハッキングにも、北朝鮮が関わっていることを突き止めたとしている。

同報告書を作成したルーク・マクナマラ氏は、次のように述べている。

「北朝鮮をこれらの活動に狩り立てるレバーを引いたのが、経済制裁であることは間違いないだろう。彼らは、ハッキングを資金獲得の非常に低コストな方法と認識しているに違いない」

北朝鮮はマイニングも開始した模様だ。

米CIAの傘下である情報収集関連のベンチャーRecorded Futureは、5月17日に突然、北朝鮮のマイニングと思われる異常なデータ送信活動を検知した。

同社の戦略脅威部門のトップ、プリシラ・モリウチ氏はこう述べる。

「マイニング自体は犯罪行為なわけではない。しかしそのマイニング活動とWannaCry攻撃のタイミングに、興味深い相関関係がみられる」

北朝鮮のマイニングは、ランサムウェア攻撃で多くのコンピュータがロックされ、身代金としてビットコインを支払わなければなくなった5日後に開始されたのだ

同国でインターネットに接続できるのは、ごく一部の政府幹部やエリートなどに限られているため、政府が関与したマイニングではないかと考えられている。

11日に採択された最新の安保理制裁は、初の石油輸入の制限や、主力産業である繊維製品の輸出を9割阻止するなど、これまでになく厳しい内容となっている。

しかしビットコインを抜け道に使いたい北朝鮮は、その特徴である自在な送金、中央管理者の不在、高い匿名性などをフルに悪用している形だ。

現在暴落中のビットコインだが、それでもは今年に入ってからだけで3倍以上に400%も値上がりしている。

金策に走る金正恩氏のビットコインへの関心は、そう簡単には弱まりそうにない。


https://btcnews.jp/ 2017-09-15 Written by 石山 武



2017年9月29日、金融庁が仮想通貨交換業者11社を登録した。
第一弾は関東財務局で9社、近畿財務局で2社だ。

登録事業者は、ビットバンク株式会社、株式会社bitFlyer、ビットトレード株式会社、株式会社ビットポイントジャパン、BTCボックス株式会社、株式会社フィスコ仮想通貨取引所、GMOコイン株式会社、株式会社マネーパートナーズ、QUOINE株式会社、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社、テックビューロ株式会社となる(アルファベット順)。

既存の仮想通貨事業者のほか、今年度中の立ち上げを計画する事業者も含まれた形だ。今
後、これらの事業者は金融庁の監督下でAML/KYCの強化と顧客資産の保全に務める。
上記のほか、17社が継続審査中とのことだ。

登録 番号 事業者名称
関東財務局長 第00001号 株式会社マネーパートナーズ
関東財務局長 第00002号 QUOINE株式会社
関東財務局長 第00003号 株式会社bitFlyer
関東財務局長 第00004号 ビットバンク株式会社
関東財務局長 第00005号 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
関東財務局長 第00006号 GMOコイン株式会社
関東財務局長 第00007号 ビットトレード株式会社
関東財務局長 第00008号 BTCボックス株式会社
関東財務局長 第00009号 株式会社ビットポイントジャパン
近畿財務局長 第00001号 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
近畿財務局長 第00002号 テックビューロ株式会社

金融庁ホームページ
仮想通貨交換業者登録一覧 `



 

 


承認作業
-分散的取引改竄防止システム-ハッシュ値


ビットコインの取引は、少ないときは100、多い時は1000といった単位でまとめられて、ブロックという単位をなして記録されます。

このブロックごとにまとめられた取引記録に番号がつけられ、チェーン上につながって、取引記録全体として、保管されます。これは過去のすべての取引を記録した元帳のようなものです。

承認作業とは、承認済みの元帳に、(未承認の)あたらしい取引記録のブロックをつなげて追加していく作業です。

ブロックを元帳の末尾に正しくつなぐためには、つなぐための「キー」となる値をみつけなくてはいけません。

そのキーを見つけるには高速なコンピューターをつかってとても時間がかかるのですが、いったんそのキーがみつかれば、iphoneでも簡単にそれが正しいということを検証できます。

なので、ビットコインの参加者はだれもが、それが正当な取引であることを確認できます。

採掘とは、具体的には、この「キー」の値を見つけることです。

問題は、このつなげるためのキーをみつけるのに時間がかかるのです。

技術的にはこういうことです。

ハッシュ関数 (直前ブロックの情報,  新ブロックの取引記録,  nonce) →  ハッシュ値

まず、承認済み元帳の末尾のブロックにある情報を得ます。


そして、付け加えたい新ブロックにふくまれる取引をまとめた情報にします。

さらに、nonceとよばれる32ビットの任意の値、この3つを、ハッシ
ュ関数というものにいれて、256桁の値を得ます。

これがハッシュ値と呼ばれるものです。

ハッシュ関数は、ビットコインではSHA256を二重にして使っています。

さて、このとき生成されたハッシュ値をみるのですが、この値がある値以下になるまで、nonceを変えて試行錯誤するのです。


ある値以下というのが分かりにくければ、こうも言い換えられます。

この値は256桁の値ですが、その先頭にゼロがたくさん並ぶような値が得られるとOKということです。

具体的に現在の状況では、先頭にゼロが16個並ぶようなハッシュ値が得られるnonceを見つけたとき、それでブロックをつないでいいという決まりになってます。

ハッシュ値をつくって、先頭にゼロが16個ならぶというのは、とんでもなく低い確率です。

しかし、それができるまで、ひたすらnonceの値をランダムに取って、ハッシュ関数にいれて、ゼロが16個並ぶかどうかをひたすら試すのです。


この試行錯誤の早さが、採掘の早さとよばれ、○○メガハッシュ/s とかで話題になってるわけです。

これが採掘者が実際にやっていることです。

適切なnonceの値がみつかり、生成したハッシュ値にゼロがたくさんならんだら、それが正解です。

それを見つけたひと(毎ブロック先着1名のみ)は、新しく取引の記録のブロックを、以前のブロックに正当につなげることができます。

そして、新しくビットコインが生成され、それをもらえます。

そして、そのハッシュ値が、過去のブロックの情報を含み、ブロック同士をつなげるkeyの役割をします。

このkeyをみつけるのは、ブロック毎に1名です。

なので、みんな競争して見つけあいをしています。

これが発掘競争といわれるものです。

なぜ、こんなことをしているかというと、これがビットコインのシステムが、分散的に、取引の改ざんを防いているシステムの根幹なのです。

ビットコインのアイデアは、この部分が肝だといえましょう。

このような作業には、時間がかかります。

当てずっぽうにハッシュの計算をひたすら試して、あたりをひくまで、全世界でスパコン何台分もの、計算をやってためしているのですから。

もし、悪意のあるひとが、取引記録を改ざんしようとしたら、過去の改竄に合わせて辻褄があうように、このkeyも改竄しないといけません 。

しかし、このkeyを探すのは大変な時間を必要とするため、改竄者は、容易にはこのkeyを改竄できないのです。

しかも、keyは連鎖しているので、改竄した部分以降のkeyを全部改竄しなければなりません。

改竄者がkeyを改竄するために再計算する時間と、正規の人(つまり全世界の採掘者)が正しいkeyをみつけるのと、どっちが早いかという競争になります。

全世界の人が参加している発掘者のコンピューターパワーには、改竄者はとうてい追いつかないという形になるのです。

これがbitコインの安全を担保する仕組みです。

改竄者に対抗できるように、常に、改竄者をうわまわるコンピューターの計算パワーでkeyを見つけるために投入しつづけなくてはいけないということになっています。

採掘者は、ビットコインの安全性を維持し、 潜在的な改竄者防止のために毎日膨大なコンピューターの計算を行っているのです 。

出所:ビットコイン研究所  大石哲之 



CNBC Explains: How to mine bitcoins on your own

Bitcoins act like cash, but they are mined like gold.

So how does someone get into the current bitcoin rush?

If properly done and willing to take the investment risk, you could wind up with a few bitcoins of your own—which currently have an average weekly price of $945 on the largest bitcoin exchange.

How many bitcoins are there?


When the algorithm was created under the pseudonym Satoshi Nakamoto—which in Japanese is as common a name as Steve Smith—the individual(s) set a finite limit on the number of bitcoins that will ever exist: 21 million. Currently, more than 12 million are in circulation. That means that a little less than 9 million bitcoins are waiting to be discovered.


Since 2009, the number of bitcoins mined has skyrocketed. That's the way the system was set up—easy to mine in the beginning, and harder as we approach that 21 millionth bitcoin. At the current rate of creation, the final bitcoin will be mined in the year 2140.


What exactly is mining?


There are three primary ways to obtain bitcoins: buying on an exchange, accepting them for goods and services, and mining new ones.
"Mining" is lingo for the discovery of new bitcoins—just like finding gold. In reality, it's simply the verification of bitcoin transactions.
For example, Eric buys a TV from Nicole with a bitcoin. In order to make sure his bitcoin is a genuine bitcoin, miners begin to verify the transaction.
It's not just one transaction individuals are trying to verify; it's many. All the transactions are gathered into boxes with a virtual padlock on them—called "block chains."
Miners run software to find the key that will open that padlock.

Once their computer finds it, the box pops open and the transactions are verified. For finding that "needle in a haystack" key, the miner gets a reward of 25 newly generated bitcoins.
The current number of attempts it takes to find the correct key is around 1,789,546,951.05, according to Blockchain.info—a top site for the latest real-time bitcoin transactions.
Despite that many attempts, the 25-bitcoin reward is given out about every 10 minutes. In 2017, the bitcoin reward for verifying transactions will halve to 12.5 new bitcoins and will continue to do so every four years.

How do you mine on a budget?


Bitcoin mining can be done by a computer novice—requiring basic software and specialized hardware.

The software required to mine is straightforward to use and open source—meaning free to download and run.

A prospective miner needs a bitcoin wallet—an encrypted online bank account—to hold what is earned.
The problem is, as in most bitcoin scenarios, wallets are unregulated and prone to attacks. Late last year, hackers staged a bitcoin heist in which they stole some $1.2 million worth of the currency from the site Inputs.io.
When bitcoins are lost or stolen they are completely gone, just like cash. With no central bank backing your bitcoins, there is no possible way to recoup your loses.

The second piece of software needed is the mining software itself—the most popular is called GUIMiner. When launched, the program begins to mine on its own—looking for the magic combination that will open that padlock to the block of transactions. The program keeps running and the faster and more powerful a miner's PC is, the faster the miner will start generating bitcoins.

When mining began, regular off-the-shelf PCs were fast enough to generate bitcoins.
That's the way the system was set up—easier to mine in the beginning, harder to mine as more bitcoins are generated. Over the last few years, miners have had to move on to faster hardware in order to keep generating new bitcoins. Today, application-specific integrated circuits (ASIC) are being used. Programmer language aside, all this means is that the hardware is designed for one specific task—in this case mining.

New faster hardware is being created by various mining start-ups at a rapid rate and the price tag for a full mining rig—capable of discovering new bitcoins on its own—currently costs in the ballpark of $12,000.

There is a way around such a hefty investment: joining mining pools.
Pools are a collective group of bitcoin miners from around the globe who literally pool their computer power together to mine.
Popular sites such as Slush's Pool allow small-time miners to receive percentages of bitcoins when they add their computer power to the group.
The faster your computer can mine and the more power it is contributing to the pool, the larger percentage of bitcoins received.
Bitcoins can be broken down into eight decimal points. Like wallets, pool sites are unregulated and the operator of the pool—who receives all the coins mined—is under no legal obligation to give everyone their cut.
Joining a pool means you can also use cheaper hardware. USB ASIC miners—which plug into any standard USB port—cost as little as $20.
"For a few hundred dollars you could make a couple of dollars a day," according to Brice Colbert, a North Carolina-based miner of cryptocurrencies and operator of the site cryptojunky.com.
"You're not going to make a lot of money off of it and with low-grade ASICs you could lose money depending on the exchange rate."

The other way you could lose money when it comes to mining is power consumption.
Currently, profits outweigh money spent on the energy needed to mine.
Again, that could quickly change due to the volatile price of bitcoin.
"It's time sensitive, like a yo-yo", said Jeff Garzik, a Bitcoin developer for the payment processor BitPay. It's not mining or investors that are causing the radical highs and lows in the currency's value, it's the media, he said. "Bitcoin's price tends to follow media cycles, not hardware or mining.
The difficulty in mining is not the highest correlation in bitcoin value."

By Anthony Volastro, CNBC Segment Producer
Published 1:48 PM ET Thu, 23 Jan 2014 Updated 8:57 AM ET Fri, 24 Jan 2014 CNBC.com

ASIC Miner g-miner Oneボード8 GPU 245 MH / s 1600 W PSU ASIC ETH etc ZEC SC Miner




   

世界一やさしいビットコインの授業

 



SYNCHRONATURE